ポリエチレンPEとポリエステルの違いについて

Q:高密度ポリエチレンのシューズ部材を作ろうとおもいますが、御社のポリエステルで代用出来ますでしょうか?

ポリエチレンシューズの底部にポリエステル素材でコーティングをしたいと思っております。
同じような素材であれば行ける可能性があるので、
強度の違いを教えてください。
A208_Z1

A:いつもお世話になりありがとうございます。

(わかりやすいように説明を極論で言っております。細かい点はご了承ください。)

ポリエチレンとポリエステルの違いですが、

”弊社取扱の”というくくりですと弊社ポリエステル樹脂の場合熱硬化性樹脂になります。
(ポリエステルでも熱硬化性でないタイプもあります。)
一方ポリエチレンは熱可塑性です。

この
1.熱硬化性樹脂(弊社取扱の一般的なポリエステル樹脂)

2.熱可塑性樹脂(一般的なポリエチレン樹脂)
を例えるならば
熱可塑性ポリエチレンがチョコレートやバターのように温度をかけると溶けるものです。

溶かしたものは再度冷ますと、液状⇒固形というように変えることができます。
熱をかけて流動体にし、型などに流し込んで常温で成形することが多いです。

一方で、熱硬化性樹脂であるポリエステル樹脂はお好み焼きをイメージして下さい。
お好み焼き粉を溶かして熱で焼くと個体になります。
元には戻せません。これが熱硬化性樹脂です。

○樹脂の強度について
薄くお好み焼きを作ろうとした場合、そのままだと強度があまりでないので、
キャベツ等(FRPで言うところのガラス繊維等)を入れる格好になります。

強度という点においては
キャベツ入りか、キャベツなしかでも変わります。
また何の強度かによっても変わります。

硬さはチョコの方が固く、お好み焼きの方が柔らかいです。

しかしこれをもって強度がチョコの方が高いとは言えません。

例えば、”曲げ”に関して言えば、お好み焼きであればぐにゃっと曲がって破断しにくいのに対し、薄いチョコレートはポキっと割れることもあります。
チョコの方が硬いですが、曲げ強度とは比例していません。

このように強度というのがどの強度かによって答えが変わってきます。
またチョコレートやバターの種類なども多種多様なため一様に答えづらいと言えます。

具体的な品番等あればより具体的な数値をからめてお話できるかと思います。

一度ご検討いただきますようよろしくお願い致します。
お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

 

ポリエステル樹脂
商品ページはこちら↑↑↑

FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
・専門商品の商品解説!
・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

・・・・etc

ポリエチレンPEとポリエステルの違いについて”へ9件のコメント

  1. Sntdched より:

    best college essay editing service essay on customer service

  2. Dnyuunlob より:

    viagra in india over the counter why buy generic viagra

  3. UtelTudhy より:

    tadalafil order online no prescription tadalafil dosage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)