DX改善事例について公表するよ。

みなさまこんにちは

まぶちでございます。

 

コロナ対策や、外国人実習生の入国遅延などで、想定の半分くらいの人員に減員になってしまっております。

 

なんとかギリギリでまわしている。そんなイメージです。

 

朝きたらサランくんが機械3台もちをしていたのでとても嬉しくなりました。

 

取り組みを進めている多能工化が効いてきていると思います。

さて、世の中では我々のような中小企業が

DX(デジタルトランスフォーメーション)

をしなければならない!!

と言われてます。

 

しかし実際にはどうやってDXをしていったらいいのか。まったくわかりませんよね。というわけで、

弊社のDX事例を公開していきたいと思います。

 

 

 

1.納期の完全見える化

 

さてトマト工業は95%の注文を当日出荷しております。

そのため納期確認の問い合わせが多くなります。

トマト工業では、【電話は無駄。】ということでTELの削減をおこなっております。

とはいえ、お客さんのサービスが低下してしまっては元も子もないので、デジタルの力で高度化しています。 

ITEXPERTさんに協力していただき、オンライン加工納期表が実装されました。

 

ホームページ右下に加工納期ボタンがあります。

これを押すと

加工納期が見える化されております。

 

とはいえ、忙しいときはどうするんだ!!

という言葉があろうかと思います。

 

これ、実はグーグルスプレッドシート(無料のExcelのようなもの)を活用しており、

①人的忙しさ指数

②機械的忙しさ指数

という2箇所の入力箇所があります。

デフォルト値は1なのですが、生産担当がこの指数を1.2とか1.5とすることで

関係するすべての納期が変わるようになっています。

 

それがオンラインで表示されております。

プログラミング言語を学ぶ中で、【変数】という概念を学びました。

それが生かされております。

 

2.オンライン打ち合わせ予約

   

 

工場見学や、面接などすべての打ち合わせをこちらのフォームに集約しています。

これはグーグルカレンダーと連動しており、全ての予定を見える化、共有化しております。

 

会社の中、グループウエアではこのように表示されます。

 

色分けで来客なのか面接なのかがわかるようになっています。

30分前になるとリマインダーが走り、予定を教えてくれます。

3.オンライン領収書

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: utiawase.png

領収書は、バナーから自動で発行できるようになっています。
領収書にかかるコストというのは結構大きく、無駄な作業になるので削減をしています。

 

 

4.商品アップツール、トライデント

WEBアプリケーション、トライデントは面倒な複数店舗への商品登録を秒速で行うツールです。

CSVを自動生成し、タグぐみ、コード付、売価設定、仕入れ補助、また今後の自動定点発注機能を見越して設計してあります。

 

 

画像までを自動で複数にアップロードができる最新鋭のツールになります。

 

6.自動注文生成

旧来、一品一様の隔て塗装板については、見積もり、積算、解答など多くの工程を使ってしまっておりました。

そこで、自動見積り、注文フォームを生成することで、自動で見積もりと発注ができる仕組みを作りました。


 

7.CSV自動ダウンロード、アップロードSCRIPT

 

自社内でもエンジニアの育成を始めております。

CSVを自動でダウンロードし、アップロードするまでを完全自動化しています。

 
 

Pythonというプログラミング言語とselenium、pyautoguiというライブラリを使い、自動化しています。

 

他にも面倒なログイン作業などを自動化しています。

 

 

8.オンラインマニュアル

 

オンラインマニュアルもトマト工業の特徴の一つです。

各ページ、細かい作業なども全てオンラインマニュアルにて整備しています。

 

また一部You Tube動画にアップロードすることにより動作などを解析しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)