トマト工業ならジブンで企画・開発ができる!手洗い下収納の開発

トマト工業製、スキットシャワー、トイレですが、大変お問い合わせを多く頂いているのですが、

現在販売を一時停止しております。

スキットの場合、化粧パネル製作、土台製作、防水屋根製作、組付け、現場確認、打ち合わせ

設置などすべて自社でやっております。

自社内ですべての工程を行っているため、お客様にメリットはあるのですが、

反面、相当数の工数がかかってしまい、社内マンパワーをそちらに振り向ける必要があります。

そうすると既存のお客様からの依頼にご迷惑をおかけしてしまうからです。

 

そのため自社分は後回しにして、既存のお客様の加工を優先しよう。

という判断になります。

 

大変申し訳ありません。

 

とはいえ、もっと細かい部類においては、このスキット事業の知見が大きく役にたっております。

トイレ収納開発

スキット開発と平行して行った、自社化粧板を利用したトイレ収納等は非常に強みになっています。

 

比較的よく売れる、小型トイレ収納、グレイエルム・グレイエルムハイスリムなどのシリーズはよく出ています。

グレイエルムハイスリムの販売ページはこちら

その中で、スキット設置に合わせた配管隠し収納について再設計をし、市販することにしました。

 

スキット内部はこんな感じです。

 

手洗い器があるのですが、この配管を隠すものになります。

一般的な見た目はこんな感じです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tototearaiki.jpg

この手洗い下の収納をホワイトで作りました。

 

それがこちら、ホワイトウォールナット柄の木目です。

通常のホワイトよりも若干アイボリーがかっています。

表面を撫でると凹凸が感じられます。

EB電子線強化フィルムオレフィンですので、

傷が付きづらく、汚れがつきにくく、日光に強い。

という特徴を持ちます。

内部を開けると・・・

設計手法としては、トイレットペーパーが9本収納できる用になっております。

さらにマジックリンなどが2本、消臭元が一個まるごと収納できるようになっております。

本来であれば、この下はデッドスペースになるはずなのですが、ここが収納になるという商品になります。

スキットの部屋もスッキリとおさまっております。

TOTOネオレストの横は、グレイエルムハイスリムという一番小さい収納が入ってます。

こちらは、トイレットペーパー6本が収納できるようになっております。

上には、マジックリンが3本収納できます。

実はこの真下にドレンという掃除用の配管口があるのですが、これを隠すような形になっております。

見た目がかなりスッキリしているのがわかると思います。

わずか2個の収納で、15個、2個付のホルダがあるので、17個のペーパーが保管できます。




メリットまとめ

①圧倒的な収納量

配管下収納の収納量は、先に述べたトイレットペーパー9本分です。

トイレの部屋に、ペーパーを置くことはなくなると思います。

②配管下をスッキリ

配管が出てくると生活感が一気に出てしまいますが、この配管下収納はこれを隠しながら、かつ

下のデッドスペースをうまく活用しています。スペースを一切狭くすることなくお部屋をキレイに保ちます。

③消臭元

天面が空いているので、室内空気の循環が可能です。

消臭元を置くことで、消臭剤を見せることなく消臭する事が可能です。

配管を避ける形でスプレー等背の高い消耗品も置くことができます。

④お掃除ラクラク

耐溶剤性のあるオレフィンシートを使用しています。

表面に強溶剤を使っていただいてもよいので、掃除が楽ちんです。

また内装用のフローリングなどに利用されているEB電子線強化型のオレフィンシートを利用しているので、

汚れづらく、傷が付きづらく、日光にも強い特徴があります。

⑤高い質感

オレフィンシートは、表層のグレア層が厚いので、一般的なプリント合板とは全くちがった質感が実現できます。

高級感のある収納になります。

⑥パーツ互換性

パーツに互換性を持たせていますので、パーツごとの発注が可能です。

万が一どこかを壊してしまっても、パーツごとで再発注ができます。

またハンドル等も欧州モジュール(32mmピッチ)にあわせてあるので、

96mmピッチのお好きなハンドルに自由に変更が可能です。

⑦最高級金具

家具の先端地域、オーストリアのBlum社の金具を使用しています。

これは国産のキッチン高級グレードなどに利用されているトップメーカーの金具です。

⑧クリップトップブルモーション(オプション)
クリップトップブルモーションは、静かに開閉する仕組みです。

後付が可能です。

⑨金具調整

金具の調整は、ドライバーで簡単にできます。扉の突き出し、角度等を無段階で調整できます。


問題は、この手洗い下収納が、高さがまちまちということです。

現場で職人さんが取り付けを行うので、多少高さにブレがあります。

その場合は、専用のスペーサーを用意しておりますので、そちらでmm単位で高さを合わせていただくことが可能となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です