工場参観日がついに開催された件

こんにちわ~ 総務の西部です。昨日、今日と関市の工場参観日でした。


工場参観日とは?

「関の工場参観日」は関のものづくりの現場を見学・体験するイベントで、2022年で9回目を迎えます。
いつも私たちが使っている「もの」が生まれる現場は、こんな風になっているのか! と、驚きや感動、楽しさが待っています。
知的好奇心を満たすために、ぜひ「ものづくりの現場」を見に来てください。

弊社は、毎年参加させていただいています。

以前は夏休み中の開催で、子供達がたくさん来てくださったのですが、平日という事もあり、今回はやや少なめでした。

 

その中でも、子供さんを連れて来てくださった親さんもみえて、嬉しかったです。

代表あいさつ

まずは、代表の挨拶と今日の参観日で観てほしいところを伝えます。

 

工場見学

 

トマト工業の代表的切断機、ロボットパネルソー、通称ロボパネルを御覧頂いております。

OSは自社で用意した仕組みを使っています。

担当は営業の加藤さんです。

続いて、ドリルセンタ。最大10本のドリルで連続加工し、ロボットが20kg近いボードを振り回す加工をしています。

トマト工業で最も進んだレベル4自動制御です。

ワークショップ

そして工場を観ていただいた後は、ワークショップを楽しんでいただきました。
 

自分でデコレーションできるパンチボード額縁です。

 

今回、平日という事もあり、来られる方が限られていたのですが、アンケートの中に、

普段見れない内部が見れて良かった。


ワークショップが楽しかった

 などコメントをいただき、嬉しかったです。


 

皆様、遠い所にお越しいただき、ありがとうございました。

また来年も開催致しますので、よろしくお願い致します。

その頃には、新工場も稼働していると思いますので、また新しいトマト工業の現場を観ていただけるのではないかなと思います。

 

新工場稼働時にはとてもおもしろい工場見学会を企画していますので、ぜひ楽しみにしてください。

では、また報告致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)