トマト工業トップページ > 建築用語集 [か行]

建築用語集

建築用語集 : か

カーテン [かーてん]

まどのそばにつける幕です。

カーテンウォール工法 [かーてんうぉーるこうほう]

耐力を負担しない壁。前面がガラス張りのようなビルなどの高層建築に用いられます。

加圧注入法 [かあつちゅうにゅうほう]

圧力のある釜に木材を入れ防腐防虫剤などを添加する方法です。

開口部 [かいこうぶ]

窓や出入り口のように空いた部分。サッシや玄関ドアなどが入る部分です。

界面活性剤 [かいめんかっせいざい]

物質の表面のある機能が活発になるような機能のある物質。

飼い物 [かいもの]

例えば段差の違う2つの材の一方の間に入れて平行にしたり物を支える物。

掻き落とし仕上げ [かきおとししあげ]

コンクリート造の表面仕上げに用られる仕上げの一種。モルタル面をわざと引っ掻き荒っぽく仕上げる物。

仮設工事 [かせつこうじ]

工事の進行上必要な工事の一種で足場、仮設トイレ、養生、現場事務所工事などの総称。

壁軸組 [かべじくぐみ]

壁の構造体を柱や間柱、筋交でおこなうこと。

壁倍率 [かべばいりつ]

基準となる耐力壁の耐力に対する力を表す指標です。

框 [かまち]

床板の端の部分を隠すために用いる部材です。

鴨居 [かもい]

和室などで窓や障子の建具をはめ込むため取付ける水平の木部材

ガラスウール [がらすうーる]

ガラスを短繊維にし、断熱性をもたせたルール状の素材

ガラス繊維強化プラスチック [がらすせんいきょうかぷらすちっく]

頭文字を英語で取ってFRPと呼びます。

ガラリ [がらり]

よろいばりなどで板を取付け通風ができる部材。

瓦 [かわら]

屋根を葺く素材で陶器、スレート、金属、セメントなどがあります。

換気熱損失 [かんきねつそんしつ]

建物や建具などの隙間から室内の暖かい空気が逃げること。

乾式工法 [かんしきこうほう]

建物をつくる工程で水を使わない工法

含水率 [がんすいりつ]

素材にふくまれる水分の割合をいいます。含水率=(重量-乾式重量)÷絶乾重量×100%

雁振瓦 [がんぶりがわら]

並丸瓦の一端につばをつけたもので、棟の最上部に付ける物です。


建築用語集 : き

キーストンプレート [きーすとんぷれーと]

粘着ができるように鋼板にザラザラが付いた物です。

機械換気 [きかいかんき]

自然換気ではなく送風機をつかって強制的に換気を行う事です。

木枯らし [きがらし]

木材の動きをなくすため、乾燥させることです。

気乾状態 [きかんじょうたい]

木材の乾燥で含水率が15%以内になったもの。室外と同じ湿度に成った状態。

気乾木材 [きかんもくざい]

含水率15%前後の木材。木材の動きが少なく安定します。

木口 [きぐち]

こぐちとも。ヨコ断面で立方体の小さい面。カット品では切断面などをいいます。

木鏝仕上げ [きごてしあげ]

モルタルを木製のコテで仕上げることです。

木摺 [きずり]

モルタルや漆喰壁の下地となる小幅の板です。

基礎 [きそ]

建物の加重を支えるための土台。コンクリートと鉄筋を使用します。

基礎天端 [きそてんば]

基礎の上面です。

木取り [きどり]

丸太などから必要な材料を取ること。

気泡コンクリート製品 [きほうこんくりーとせいひん]

ALCと呼ばれる素材。主に外壁に使用されます。

鬼門 [きもん]

主に東北の方角をいいます。鬼門と反対の西南を裏鬼門とよばれ家相では敬遠されます。

吸音ボード [きゅうおんぼーど]

ケイカル板などに5ミリ程度の孔を大量に明けたもの。グラスウールなどを下地にしいて吸音効果を持たせます。

凝結遅延剤 [ぎょうけつちえんざい]

コンクリート、セメントが硬化するのを送らせる素材です。リグニンスルホン酸塩などが使用されます。

京間 [きょうま]

畳の長手の方向が6尺5寸の寸法。これを1間とするのが京間です。

切り妻屋根 [きりづまやね]

断面がへの字になるような屋根。左右対称で本を開いたような格好の屋根です。

緊結金物 [きんけつかなもの]

複数の材料をつなぐための金物です。


建築用語集 : く

準備中です。